なんと孫六の最終回がなんとも物悲しい・・・

作者のさだやす圭さま、33年間の連載、お疲れ様でした。

思えば今年37歳になるボクは、小学生の頃から、ずっと愛読者でした。

だから、あえて言わせてもらうと、この終わり方はどうなんだ??

できれば、もうすこし丁寧に終わらせて欲しかったけど、この漫画に終わりなんて絶対に来ないような気もするので、終わらせようとすれば、こんな終わり方しかなかったのかもしれない・・

「なんと孫六の最終回がなんとも物悲しい・・・」の続きを読む…

カメレオンのスピンオフ? くろアゲハ 

月間マガジン12月号にてカメレオンの特別読み切りが掲載されました。カメレオンから7年後の世界が舞台で、来月から新連載のくろアゲハに続く読み切りです。相変わらず加瀬あつしさんの漫画は笑える。ダジャレが多いのが笑える!

「カメレオンのスピンオフ? くろアゲハ 」の続きを読む…

天才とは人と違う視点を持つものなのですね②

なんで競技ダンスを漫画に!って。「ボールルームにようこそ」月間マガジン11月号、毎会、面白いけど、今月は特に面白かった。

競技ダンスを始めるのも、続けるのも、すごくハードルが高いんですね。今号でもパートナーを見つける難しさが描かれてましたが、最後は上手く引っ付けられたヒロインと主人公のくだりが笑えました。

毎回、笑える漫画ではないけど、主人公が真面目で努力して成功するまでの過程を見るのは、マンガの王道ですね。

当たり前なんですがマンガのつかみはストーリーよりも絵なんですよね。ボールルームにようこそに出てくるキャラは、主人公以外は美男美女ばかり。現実味がないけど、そこがマンガのいいところですね。よく見たら頼りない主人公も、モテない設定ですが、かなりイケメンなんですけど。

来月号からは新たなパートナーを得た主人公と、当面のヒロインとの練習が始まるので、楽しみです。