女のいない男たち 木野 感想

女のいない男たちのなかで、一番小説らしいお話だったかもしれない。もちろん表現できる人間ではないのですが、「シェエラザード」と「木野」は、いかにも作り話というのが読んで取れたので、そう言う意味での小説らしいということ。

「ドライブ・マイ・カー」「イエスタデイ」は普通にあってもおかしくない話で、「シェエラザード」と「木野」はどこか不思議な感覚にとらわれる話。そういうジャンル分けがあると思うのですが、普段から漫画しか読まないので、そのジャンル分けはわからない。だから小説っぽいと思ったのかも。

この話(木野)は、女のいない男たちのなかで、一番ふかく心にしみた。面白かったとかではなくて、しみこんだ感じがスゴかった。自分に置き換えて話を読んで、感情移入していたのかもしれないです。


「女のいない男たち 木野 感想」の続きを読む…

女のいない男たち シェエラザード 感想

ボクが女のいない男たちなので、そのボクが村上春樹さんの「女のいない男たち」を読んで感想を書き込むのは、なんだか滑稽で面白い気がする。

離婚が決まって、別居して、離婚届を出す直前に、書店でプラカードを持ちスーツを来た、おそらく出版社の社員さんが「村上春樹の短編小説、本日発売です!」と声を張り上げていた。

手にしたプラカードが逆さまで、注意してあげようか迷ったが辞めた。開店直後のショッピングモールの大型書店。平日ということもあって人もまばらなのに、頑張って販促活動をしている。逆さまのプラカードを持って。

その日は購入することなく素通りしたのだが、翌日、なんとなくタイトルが気になって購入することに。

小説を購入するのは、実に数十年ぶりだ。そして、読み始めてすぐに、変な気持ちになった。登場する女たちが、すべからくみな平気で男を裏切る。

人を裏切るのに男も女もないのは既知だが、今のタイミングでこの内容は笑えた。

4話目、シェエラザードの感想

「女のいない男たち シェエラザード 感想」の続きを読む…

女のいない男たち 独立器官 感想

正直、渡会医師は自業自得なのでは?面倒な関係を避けるために、既婚者や恋人のいる女性との逢瀬を存分に楽しみ尽くした挙句の非業の死。正直、同情の余地がないような気もするが、女性という生き物が、平気で嘘をつくことができるのは、そういうコトなのだというタイトルには非常に説得力を感じた。

ボクが離婚したタイミングで発売された「女のいない男たち」

小説を読むのが何十年ぶりかという漫画オタクの、小説を読んだ感想。独立器官


「女のいない男たち 独立器官 感想」の続きを読む…

女のいない男たち イエスタデイ 感想

離婚した時期に書店で見かけた「女のいない男たち」

村上春樹の短編小説集ですと書店の店員さんが熱心に販売していた。

おそらく、そんなに一生懸命に売らなくても、村上春樹という名前だけで勝手に売れるだろうに。

タイトルが気になって、翌日、書店で十数年ぶりに小説を購入した。

漫画好きなので、小説とかを読んでいる人が、なんとも高尚な人たちに思えていたのですが、読んでみるとそうでもなかった。

漫画も小説も、どちらも自分と違った自分を楽しめる、疑似体験が楽しめるという点では同じですね。

女に裏切られる男たちに感情移入するのはツライですが、久しぶりに読んだ小説の感想。

第2話 イエスタデイ


「女のいない男たち イエスタデイ 感想」の続きを読む…

女のいない男たち ドライブ・マイ・カー 感想

いつもは漫画ばかり読んでいるのですが、十数年ぶりに小説を手にすることに。

たまたま離婚した時期に「女のいない男たち」というタイトルが、なんとなく今の自分に合っているような気がしたので。発売日に偶然書店で見かけたのですが、その日は購入することはなく、気になったので翌日に購入。

購入したのは作者が村上春樹だからとかいうわけでなく、ただタイトルが「女のいない男たち」だったから。なんせ「ノルウェーの森」すら読んだことがない自分が、まさか小説を購入してまで読むとは。

内容は、なかなかヘヴィー。どの話も女が浮気する、裏切る。読むのが苦しくなる時もあったけど、共感できることも多数アリ。

自分も女のいない男たちなので、何とも言えない後読感。

第一話ドライブ・マイ・カーの感想。


「女のいない男たち ドライブ・マイ・カー 感想」の続きを読む…