ヘッドスピードの上げ方

ドライバーの距離が欲しい、そう思うゴルファーは多いですよね。

先日、ヘッドスピードを測ってもらったのですが、平均より少し遅かったです。

悔しい。

確かに、ゴルフ練習場でも200から230ヤードしか飛ばないので、当たり前と言えばあたりめなのですが。

少しでも飛距離を出すために、ヘッドスピードを上げる方法を探してみました。

「ヘッドスピードの上げ方」の続きを読む…

ドライバーを買う時は

自分にあった道具を使うのは、上達への一番の近道ではないでしょうか。ぜんぜん合ってないドライバーでいくら練習しても、もったいないですよね。うまく打てるようになっても、あってるクラブに変えた途端に劇的に打ちやすくなったりするかも。だったら初めから自分にあったクラブを買いたいですね。

大きいゴルフ用品店なら、だいたいフィッティングサービスやってますね。スイングスピードなどを調べて、自分にあったクラブを勧めてくれるみたいです。

しばらく購入の予定はないのですが、次回、購入時はフィッティングサービスは利用したいですね。小柄なのであまり飛ばないのですが、小柄でも、女性でも飛ばす人はたくさんいるので、僕も小さいのによく飛ばす人になりたいです。

ドライバーの芯を食うために。

先日、ボールとドライバーの位置を改善しただけで、劇的にミート率が上がったのですが、僕の方法はドライバーを打つとき、ドライバーの芯より少し手前に引き、正面にセットするというものなのですが。それとは真逆の動画を発見。いったいどうなってるの?

これにより、ゴルフの謎が、ますます深まりました。教えてもらう先生によって、みんな違うことを言うので、自分にあった先生に出会えなければ、自分に合わないスイングや練習を延々と続けることになりそうです。あー恐ろしい。

ドライバーは大切です。なんせ、これがうまくいけば気持ちよくコースに出れるからです。でも難しい。なぜなら、一番ながいクラブだからです。でも、一番いい状態で打てるクラブでもあります。ティーグラウンドで毎回打てるクラブはドライバーだけです。だから絶対OB出したりチョロしたりは嫌ですね。頑張って練習しましょう!

自分にあったスイングを

4スタンス理論のA1タイプはみぞおちあたりに重心を意識すると良いと言われます。動画の中で石川遼くんが胸の重心がうんぬん言いますが、胸に重心があると意識するのはB2タイプだそうです。なので、理論縛りにならずに、振りやすいスイングを追求するのが一番良いのかもしれないですね。

A1のお手本、石川遼くんのスイングを何度も見てイメージを焼き付けましょう。身長も高くて手足も長いのでカッコイイですね。正直、顔は普通な気もしますけどね(笑)それでもかっこいいと言われるので僕の美意識がおかしいだけかもしれないです。

トップからのインパクトまでのタイミングが、男子プロはみなさんすごく早い気がします。いろいろなスイングがあると思うのですが、トッププロの皆さんはほとんどタイミングの取り方が似ていますね。今度真似してみようと思いますが、スイングくずれるかな?

グリップは軽く軽く

ゴルフのトッププロはみんなパターがうまいんですよね。ドラコンの安楽さんも飛ばすからといってトーナメントにでるようなツアープロではなく、ドラコンのプロだそうです。

でも素人のゴルフ大会ではドラコンをとって、友人たちよりも遠くに飛ばしたいという気持ちから、練習場ではアプローチの練習より、ドライバーの練習をしてしまいますよね。

あんまり同じクラブばかりを練習すると、体が適応してしまい、悪いスイングでもナイスショットをしてしまい、結果、悪い癖がつくこともあるそうです。練習の時はこまめに番手を変えるのも1ついの策ですね。

安楽さんの動画で、グリップの解説をされているのですが、目からウロコでした。すごく力が入っていたので、この動画を見てからは、練習後やラウンド後の筋肉痛がかなり軽減されました。

いかに力が入っていたかということですね。しかも飛距離も伸びて一石二鳥でした。

いつかは300ヤード

誰もが憧れるビックドライブショット。人よりドライバーがとんだ時は気持ちがいいものです、コンペでドラコン賞をった時の快感はなかなかのものです。ましてや体格の良い仲間たちを差し置いて、小柄な僕がとった時など、どんな小細工をしたのかとやっかまれるほどです(笑)

ドライバーショットでは思い切りチカラで振り切って飛ばそうとする人がほとんどですが、実は力を入れない方が飛ぶようにできているとか。ドライバーがそういう作りになっているとか。

まずはグリップも全く力はいれす、バックスイングもリラックス、インパクトとフィニッシュに力が入るくらいだとか。なので、ボールとドライバーの芯を当てることが大切。アドレス、ボールのセットが大切なのですね。


アドレスについては400ヤードのドライバーショットを放つ安楽さんが解説している動画が面白かったです。

ドライバーを振ったところにボールがあれば、誰でも簡単に飛ばせると解説されていました。

ドライバーショットで芯を食わないとき

ゴルフにはいろいろな理論があり、教えてもらう人によって全く逆のことを言われることも珍しくありません。

そのうちのどれが自分に合っているのか、それにあたるまでは試行錯誤しかないのですが、今までやっていた練習は無駄になってしまうようなことはなるべく避けたいですね。

ドライバーで芯を食わない時に、どのような対処するかも、まるで逆の意見がるようで。セットした時のドライバーとボールに位置を、ヒール側に置く方法もあるそうです。

これらの練習法は、やってみないことに成果がわからないというのもありますが、今まではドライバーのスイングの軌道に合わせていたものを、意識で体を変えるというものなので、ショック療法的なものかもしれないですね。

ゴルフ場についてから、練習場で調子が悪いと思ったら、きっぱりと頭を切り替え、パターの練習をしたほうがその日のスコアがまとまることが多いそうですよ。

劇的に変わったドライバーショット

京都の桂離宮にほど近い、桂ゴルフクラブに練習に行ってきました。入場料450円、50球600円。最近、ボールの入れ替えをしたばかりで、新しいボールなので気持ちいいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

180ヤードまでの表示しかないので、飛ばし屋なら奥のネットに突き刺さるかもしれないですね。今日はA1のスイングを気にしながら、1球1球丁寧に打ちました。ドライバーショットのボールとクラブのセットする位置が少しずれていると友人にアドバイスをもらい、劇的に変わりました。

今までは失敗スイングの時にナイスショットしていたようです。今日は8割の確率でミートし、キャリーで200ヤード近くは飛ぶようになりました。たった一言のアドバイスで、20ヤードも飛距離が伸び、劇的にミート率が上がることがあるなんて、やっぱり一人で練習行くより上手い人に見てもらったほうがいいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パター練習場は500円で時間無制限です。本当はココできっちり練習するのがスコアアップの近道なんでしょうけどね。どうも地味な練習は苦手です。パターの練習も取り入れて、100切りと言わず90切り目指します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アプローチとバンカーの練習も500円で打ち放題。打席からアプロースの練習するより安上がりなので、こんどじっくり取り組みたいです。

今日は満足のいく練習でした。