木造住宅に湿気は大敵

木は呼吸するため、多少の湿度は問題ないのですが、やはり梅雨の季節などはカビの発生などが心配です。

木造とコンクリート造りではエアコン同様、効き目が変わってくるため、少し注意が必要です。木造だと7畳、コンクリートだと14畳までは除湿してくれると注意書きがありますが、実際にはもう少し大丈夫で、使用感は木造の8畳でも十分に効果を発揮してくれています。

梅雨時のジメジメや、真夏の節電に除湿機は手放せないですね。

梅雨の時期はコレ

コンプレッサー方式なので、気温が高い時ほど効果を発揮します。なので、梅雨時の室内干しには欠かせない存在となっています。エアコンに比べると断然エコですからね。

除湿量が梅雨時だと、1日にバケツ1杯くらいはかるくあります。それだけ室内の湿度を下げてくれているということですね。

単体で使用すると、室内の温度は若干上がるので、エアコンを軽い目にかけると快適な室内空間になります。エアコンで寒すぎない室内にしたい時はかなり重宝します。

洗濯物がサラッと乾く

ベランダが手狭なため、室内に部屋干しをするので購入しました。買い替えですが、以前のもの(他社)と比べて値段が安いのに効果が大きい気がします。以前のものが古かっただけかもしれませんが、はっきりとした違いが出ました。

電気代も省エネ商品とのことで安くなるかと期待していましたが、さすがにそれは数十円程度の違いだと思います。

除湿機能的にはハッキリと目に見えて排水タンクに溜まった水が確認できるので疑う余地もありませんが、購入してよかったと思える商品です。