風夏 51話 感想ネタバレ

青春空回りってやつですね。ヤンマガのオトノバでもあったやつですね。怒りで空回りして、自分本位な自分勝手な演奏でガッカリトホホな展開です。実力以上を出そうとすると、人は得てしてこういった失敗をします。経験不足もあると思いますが、やはり、伝えたい想いとは裏腹に、空回りは痛々しいですね。

やはりプロというのはお金をもらうわけで、それを目指すのは優のようは純粋に自分のためではなくて、風夏のためではなくて、求められているものを与えようとするものが観客から求められるんでしょうね。

まあ、そんな次元を超えるようなものを持っている人たちは、アッという間にそんなところに行ってしまうので、こんな足踏みはしないでしょうね。

武道館に行きたいという気持ちは、結局は風夏を昇華させたいだけの優の自己満足なんで、ここでは空回りしても仕方ないんですけどね。

バンドなんて喧嘩してバラバラになって言いたいこと言って、夫婦みたいなもんでしょうから、喧嘩して仲直りすればいいんですよね。