エリアの騎士 395話 感想ネタバレ

そうそうに駆の欠点?改善点を伝えて、早々に駆の進化が見られるのかと思いきや、いがいともう1試合、挟みましたね。四季も確信が持てなかったので、もう1試合、様子を見たというところなんでしょうかね?

これまで駆が得点を決めたシーンがキーパーを振り切ってのものだったと仮定して、四季が駆の欠点を指摘するのは次週の話みたい。キーパーにシュートコースを読まれているというのは、四季がその逆をついてキーパーの予想の外しているってことですね。だから決定力があるとの談みたい。

たしかにプロになるようなキーパーなら、ある程度はシュートコースを予測して、それを止めることができるのかもしれないですね。これまでの経緯では軸足の方向でシュートコースをよんでいるみたいな感じなので、その逆を付くようなシュートを打つようにするのかも?

関連記事
エリアの騎士 394話 感想ネタバレ