RIN 3月号 感想ネタバレ

ルーさんがなかなかツボです。インチキ占い師にして優しいお姉さんっていう設定はなかなか。主人公を取り巻く環境が高校卒業とともに一気に変わり始めましたが、姉のことなど悲劇要素もちらほらあって、ちょっとドキドキです。

漫画を諦めようとしていた先輩に、リンのアドバイスが突き刺さりましたね。にしがいつ先生もリンのファンですから、このアドバイスには従うべきですね、どんな結果が出るのか楽しみですが、月刊誌なので相当先になりそうですね。。

エロ漫画をすすめられて書いているのは、自分の漫画ではないということにようやく気がついたみたいですけど、それで面白い漫画がかけるかどうかは別ですね。担当者にもいい顔はされないでしょうけど、エロの手駒を1つ失うだけで、たいしたことはないのかもしれないです。

ここが伏見の分岐点になりそうですね。担当に見捨てられるのか、認められるのかでこの先の展開がガラリと変わりそう。

関連記事

RIN 2月号 感想ネタバレ