四月は君の嘘 最終回 感想ネタバレ

じつはハッピーエンドを期待していたのですが、まあ順当に終わってしまいました。ただただ悲しいです。タイトルの嘘や、物語が綺麗に終わった感じはとてもしますが、それでもやっぱりハッピーエンドで終わって欲しかったという気持ちが。。

身近な人が死んでしまったという経験がないので、どれだけの悲しみがあるのかはわからないんですけど、本当に大切な人にとって、自分も大切だったと死んでしまってから知ってしまうのは辛いでしょうね。

そう考えると、かをちゃんの最後の手紙はなかなか罪作りな内容でしたね。こんな体験をしてしまっても、人はいつか別の人を好きになって、大切な存在として扱えるのか、なんとも微妙。自分だった一生忘れられずに引きずってしまいそうで。

それにしても終わってしまいました。もっともっと読みたかったんですけど、こういう終わり方で仕方ないといえばそれまでですが、作品はやっぱり作者さんのもので、読者のものではないんだなあという感想でした。

関連記事
四月は君の嘘 43話 感想ネタバレ