砂の栄冠 221話 感想ネタバレ

女性記者と外国人記者のやりとりがいい。甲子園の成り立ちも知れたし、勉強になったな。女性記者が言い放った一言がカッコイイ。マスターズってずっとオーガスタだったんですね。それにしても喧嘩腰の女性記者。外国人記者も嫌な感じに受け取ってますね。

大月と七嶋の投手としての対決、打者としての対決が楽しですね。バシバシ投げ合うのかと思えば、七嶋は大月のことをちょっとビビっているのが笑える。ストレートで押しまくるかと思えば、スローカーブで緩急。110キロと150キロの差は厳しい。この先もスライダーとスローカーブで七嶋を押さえ込むのかもしれないですね。

対する七嶋は大月をストレートで抑えたかと思ったら、ちょと曲げちゃったって。最高ですね。大月は気がついたんでしょうかね。このあと、二人の対決が2度、3度あるとおもうと楽しみですね、

関連記事
砂の栄冠 220話 感想ネタバレ