セブンスター 35話 感想ネタバレ

喧嘩ではセブンスターでも1人を除いて勝るものがないという雄次郎を、終わってみればあっけなく空手らしきもので倒した赤羽愚蓮党。かとおもったら、OBでしたというオチでしたね。なんだか六本木自由党に対抗意識があるみたいですが、ここから流れでセブンスターと六本木自由党との争いに突入しそうですね。

結局、タクボンって喧嘩が強いのかどうかわからないんですが、雄次郎が倒されたいまとなってはタクボンしかゴロマサに対抗できるのはいないという状況。

足元に仕掛けた奇襲もかわされて、絶体絶命のピンチですが、まあ主人公なので、ここはアッサリと逆転勝ちするんでしょうね。

それでやっぱり金髪の先輩が六本木自由党の人で、その報復でセブンスターと争うということになっていくんでしょうね。

関連記事
セブンスター 34話 感想ネタバレ