ましろのおと 51話 感想ネタバレ

さすがプロという演奏で、当初の目論見通りに会場を沸かすことに成功しましたね。楽しそうな演奏の雰囲気を絵で描くのって、すごく難しそうですね。ピアノとか楽器を取り扱った漫画って、それを表現するのがすごく大変そうですが、それをやってのける漫画家さんってスゴい。

過去を自分のふりかえって成長の糧にする人間と、いらないものは捨ててしまう人間では、最終的にはどんな違いが出るんでしょうね。

天才でも挫折したことのある天才と、挫折をしらない天才に分かれるみたいですね。雪の成長を感じ取った神木ですが、それがどんなふうに変化したのかは次号からの個人戦でわかるのかもしれないですね。

田沼との一騎打ちになるかもしれないでが、おそらく雪は田沼よりも自分の音にこだわって戦うのではないかというところでしょうか。

関連記事
ましろのおと 50話 感想ネタバレ