RIN 2月号 感想ネタバレ

伏見の中ではリンの存在が大きくなってますね。リンも伏見に勘違いさせるような言葉が見受けられますが、素直に伏見とは前世からのつながりがあると思っていいのでしょうか?

本田さんは伏見にとっては学生生活の潤いというだけで、それ以上ではないのでしょうかね。一緒にいると地獄に落ちると言われた女が本田さんさんでしょうかね。

いよいよ伏見の進路を決めるブルカップの結果がわかるみたいですけど、連動して本当に投票できるなんて面白いことを考えますね。電子書籍化も決まって、ますます月刊マガジンからは目が離せないと思うのですが、少年マガジンって言っても、読んでいるのは大人ばっかりのような気がするのは僕だけでしょうか?

昨日の売り上げランキングで月刊マガジンが2位だったのですが、もしかして電子書籍は一日発売が早いのかな?

関連記事
RIN 1月号 感想ネタバレ