ついにヤングマガジン、少年マガジンも電子書籍化

ジャンプが電子書籍化したのが先でしたけど、それを追ってというわけではないんでしょうけど講談社も電子書籍化するそうですね。

できれば早く1話ずつ購入できるようになって欲しいですね。そうすればヤングマガジンのグラビアとかにお金払わなくて良くなるのに(笑)

ジャンプの電子書籍は成功しているのか置いておいて、ほかの雑誌でも電子書籍化。これは他社を意識したのではなくて、漫画の敵は漫画ではなくて、動画やゲームらしい。

結局、漫画を暇つぶしと思っているってことですね。暇つぶしレベルで言えば、たしかにユーチューブやソーシャルゲームは敵になるかも。

でも、漫画って文化なんじゃないの?手塚治虫先生でクールジャパンなわけで、動画やゲームと張り合う時代になったんですね。

とにかく、いま読んでいるヤングマガジン、少年マガジン、月刊マガジン、全部、電子書籍化。つぎはアンケート取らなくてもいいように個別に1話ずつ購入できるようになって、最後は作家さんが自身で配信するようになるかも?そうなると出版社って厳しくなるよね。もちろん、編集者さんたちの尽力あってこその面白い漫画かもしれないけど、ある種の天才には編集者さんはいらない時代がもうすぐそこまで来ているのかもしれないですね。

自身で簡単に電子書籍を発行出来る以上は、ある程度の知名度の作家さんなら・・・

関連記事

ついにジャンプにも電子化の流れが!


2015年1月4日 ついにヤングマガジン、少年マガジンも電子書籍化 はコメントを受け付けていません。 漫画