かくかくしかじか 33話 感想ネタバレ

いよいよ最終回に向けてのこり2回となりました。だれからもしたわれる先生でしたが、やはり病気には勝てなかったですね。暴力的ではありましたが、結果的には多くの子供たちに自分の夢を叶えるための、強力な手助けとなっていたんですね。

描け!っていうメッセージを最後にみんなに伝えられたのでしょうか。亡くなる直前まで強烈に影響を与え続けた先生。厳しいだけのイメージでしたが、自分のことをエンジェルと呼べっていうエピソードは笑えますね。みんなもそれを受け入れようとしているのも人がいいですね。

亡くなってまで人に影響を与え続ける日高先生は、本当の意味で生きた証を残した人ですね。

いよいよ次号で最終回ということですが、ココハナが創刊されてから続いた連載が終わるのは寂しいものですね。

関連記事
かくかくしかじか 32話 感想ネタバレ