RIN 1月号 感想ネタバレ

よくよく考えてみると、RINってファンタジー漫画ですよね。リンが完全にスピリチュアルな人ですし、伏見もやっさんとかわけのわからないものに導かれて、普通に漫画を題材にしてしまうとバクマンっぽくなってしまうから、こんな展開になってしまったんですかね?


それにしても伏見の漫画は、まだまだ歴史に名を残すような作品にはなりそうにないですね。売れたいからといって自分の意志を曲げてまで書けば、それは自分の漫画ではなくなってしまうのにね。

りんと本多さんのあいだを揺れ動く伏見がリアルですよね。遠くの運命の人より、近くの可愛くてイケそうな女の子っていう。でも選択を間違えると地獄に落ちるらしいけど大丈夫かな。

ちょくちょく野球ネタが挟まれますけど、やっぱハロルドさんって野球好きなんでしょうね。

関連記事
RIN 12月号 感想ネタバレ