かくかくしかじか 32話 感想ネタバレ

とうぜん、過去の出来事をふりかえって物語を作っているので美化しているところもあるとは思いますけど、亡くなった先生も、描いた絵画の数々と一緒に、こうやって漫画になって生きた証拠が残って、死んでしまっては何もならないけども生きた証明が残って、羨ましいなとか思います。


ちょっと言い訳が多くなっているのは、やっぱり後悔が大きいからなんでしょうね。

そう考えると、先生のことは親のように感じてたんでしょうね。親が死んだら、きっと同じような後悔をするような気がする。だから親孝行は生きているうちにしないといけないですね。

先生が亡くなったので、この物語もそろそろ終わりが近いですね。漫画家さんの成功と、努力と、苦労が垣間見れる漫画でしたね。やはり成功する人は人一倍努力しているのだという、当たり前のことですが勉強になりました!

関連記事
かくかくしかじか 30話 感想ネタバレ