砂の栄冠 213話 感想ネタバレ

七嶋の天才ぶりが発揮されていましたね。ぶっつけで新しい球種にチャレンジする、そしてそれを形にするというのが天才なんでしょうね。生きるってことは死ぬまでのあいだっていことなので、できることは楽しむことだけですね。七嶋もこれが最後の甲子園だから、思い切り楽しみたいと言っているので、それは生きるって言うことなんじゃないかなって思えました。前向きになったもんだ。


まわりは七嶋のやりかたに呆れたり、賛同したりといろいろですが、結局、結果が出るか出ないかだけの話。このまま勝てればスーパースター。負ければ1流どまりで妬みや嫉妬からバッシングされるでそうね。

試合は追加点を取られそうなピンチですが、ノックマンに鍛えられた守備で、ここは切り抜けるのでしょうね。

次週、ピンチをしのいだあとにチャンスが来るのか。一気に逆転する展開もあるのかもしれないですね。

関連記事
砂の栄冠 212話 感想ネタバレ