RiN 月刊マガジン4月号 感想ネタバレ

動画メディアってすごいですよね。

漫画の描き方なんて、説明されても解らないですよね。

でも動画だと、なるほどなってすぐわかってしまう。

しかし、漫画を作るって、本当に大変そう・・・

自分がまだ、何者でもないということに気づかされると同時に、漫画家本人と作品とのギャップにビビる伏見。

一方で催眠術にかかった時のことが気になってリンの島に行くことを決めるが、なにやらリンが意味深な行動に。

伏見のかいた漫画を霊視してるのかなぁ。

本多さんとリンが、どっちかが運命の人で、どっちかは地獄の使者って言うのがスゴい。

女なんてみんな悪魔みたいなもんですけどね(笑)

インチキ占い師のルーさんも意味深な言葉を言いますが、信ぴょう性がハッキリしない。。

伏見の選択の一つ一つが物語の今後を左右するんでしょうね。

最新刊5巻の発売日は3月17日

関連記事

RIN 3月号 感想ネタバレ


2014年3月8日 RiN 月刊マガジン4月号 感想ネタバレ はコメントを受け付けていません。 RIN