なかなか当たらない競馬予想 朝日杯フューチャリティーステークス

なかなか小粒なメンバーが揃った印象の朝日杯フューチャリティーステークス。久しぶりに牝馬が参戦。なかなかドラマのある挑戦みたいですね。

ジョッキーはこのレースを制覇するとすべてのG1制覇が決まる武豊。調教師は武豊の後輩で、元ジョッキーの角田晃一。牝馬でこのレースを勝てばウン十年ぶりの快挙とか?さてどうでしょう?


スピードのある逃げ馬ということで阪神の牝馬限定のG1よりも、中山の朝日杯に参戦。なかなか骨太な作戦ですね。

中山の1600mは内枠の馬が有利だそうで、今日の中山9R1600mも内枠2番の逃げ馬が勝ってます。これは期待ですね。

ただ、僕は3枠6番のアジアエクスプレスを本命に。ダート2戦で圧勝している芝は初参戦の馬ですが、そういう馬の方が応援しがいがありますね。

人気が割れているので3連単が面白そう。

1番6番1、2着固定で3、4、9、11、13、14の12点。100円くらい買うかな?

関連記事

ジュベナイルフィリーズかすりもせず・・・


2013年12月14日 なかなか当たらない競馬予想 朝日杯フューチャリティーステークス はコメントを受け付けていません。 競馬 G1